池袋の英会話スクール・英会話教室ならワイズアカデミー【池袋駅徒歩7分・東池袋駅徒歩4分】

ブログ

「難しい事」?それとも「やりたい事」?

2022年12月11日

こんにちは!

Tea 品川です。

今日は、「”Challenge” の解釈」についてです!

時々、レッスン中に頂く質問の1つとして、「”What challenges are you looking for in a position?” の “challenge” って、どういう意味なんですか?」とお聞きすることが有ります。

確かに、分かり辛いですよね。「難しい事に”challenge”?」それとも、「やりたい事に”challenge”?」

私のコメントとしては、「やりたい事に”challenge”」を返答で表現されると良いと思います。

理由は、返答内容が「難しい事に”challenge”」を語るよりも、面接の雰囲気が「ポジティブ」になるからです。

英語面接全体で、大事なことは「常にポジティブな印象を面接官に与える事」です。

以前もお伝えしたかと思いますが、面接官も人間ですから「感情」が有ります。なるべく「公平に」ジャッジしたいと考えていますが、面接が終止「ポジティブな流れ」で進むと、全体的に(Candidateの価値も含め)良いイメージで有利な状況を作ります。(Psychologicalな部分もありますが)

因みに、面接官が「どんなことにチャレンジしたいのか」を聞く理由は、下記の様な点が考えられます。

① あなたのモチベーションと、積極性を確認しようとしています

② あなたが自分自身を成長させようとする献身的な姿勢を見たいと思ってます。

③ あなたの野心や願望に興味を持っています

私が思う、この質問への「返答」で、気に留めておきたい点の幾つかは下記の通りです。

① あなたの能力をアピールすることに重点を置く

② あなたの仕事への意欲をアピールする

③ ”Job Description” が求めている “Job Responsibilities” と自分の回答を一致させる

④ 「例」や「エピソード」を用いて、あなたの回答に「説得力」を持たせる

常に、将来・未来のことを考え、”ドラえもんのポケット” の様に、尚且つ現実に沿った「”こんなことが出来たらいいな” 的な」”Challenge” を語ってみましょう!

「絶対に失敗したくない英語面接」のために!

面接を受ける前に、

90分で英語面接合格への近道コース、

4.5時間(1日集中 / 3回分割)英語面接合格コース、または

7.5時間 (90分✕5回) で英語面接合格への近道コースを受講しよう!

 

Tea (ティー) 品川

Tell me about yourself” 攻略法です!

 

カウンセリング&無料体験レッスン受付中!

電話でのお問い合わせは

03-6812-1252

月曜日~金曜日:10:00am-9:00pm  土・日曜日:10:00am–9:00pm

WEBからのお問い合わせは

資料請求
お問い合わせ

24時間受付

Page top