池袋の英会話スクール・英会話教室ならワイズアカデミー【池袋駅徒歩7分・東池袋駅徒歩4分】

ブログ

「100%」に見せて!

2022年12月12日

こんにちは!

Tea 品川です。

今日は、「面接を受ける会社への入りたい度合」についてです。

英語面接レッスン中、お聞きしました。「この会社に、ぶっちゃけ何パーセントぐらいの率で入りたいですか?」

帰って来た返答は、「大体70%です。」でした。

この様な返答をされる方は、結構多いです。

 

「100%には満たない理由」としては、「このポジション(例えば、秘書やセールスサポートなど)での経験は沢山あるんですが、今まで経験が全く無いフィールド(例えば、ファッション ⇨ メディカルなど)なので、心配が30%有るんです。」や、

「この会社(ポジション)にも興味はあるんですが、次の面接予定の会社が本命なんです。」などなど、です。

 

面接官も人間ですから、Candidates がどの程度の「採用されたい感」を持って、面接に臨んでいるかは、簡単に察知します。「採用されたい感」70%の受け答えは直ぐに見破られます。

気持ちは良く分かります。しかし、私個人的な意見ですが、一度面接官を前にしたら、「私は、この会社に120%の強い思いで、絶対に入社したいです」の様な思いで、「笑顔とパッション」で「「100%」に見せて面接に臨むことをお薦めします。

英語面接中に、面接官が “Are you interviewing with other companies?” と尋ねてくる事は少なくないです。面接官がこの質問を訪ねる理由は:

① 採用プロセスを早めるべきかの判断の為

(あなたが、そのポジションに適したスキルや他者より優れている場合、プロセスをより早く進めようとする可能性があります)

※ この場合、Candidateにしてみますと、Advantageになりますよね。早く結果が分かった方が、他の面接に対しての行動がし易くなりますから。

 

上記の質問への「返答」プロセスの例は、下記の通りです。

① 面接官に対して正直に答えましょう(どの会社が第一志望かなど、言う必要はありません)

② その面接官が働いている企業への興味を説明しましょう(”望ましいCandidate” が会社に興味を示せば、その面接官は他社より先に雇いたいと思うかもしれません)

③ 一般的な情報だけを提供しましょう(面接官が他社について質問された場合、他社の企業名は明かさず、一般的な情報だけを提供したほうが良いです)

先ずは、その面接官に良いイメージを持ってもらい、「内定確保」を目標にしましょう!

Globalな会社の場合、「内定」後、状況次第で「辞退」をされたい場合、「早急に、丁重にお断り」の意思を示せば、殆どが大丈夫なはずです!

それと、彼ら面接官がどこでどの様に、他の面接官と繋がっているか分かりませんからね!

 

「絶対に失敗したくない英語面接」のために!

面接を受ける前に、

90分で英語面接合格への近道コース、

4.5時間(1日集中 / 3回分割)英語面接合格コース、または

7.5時間 (90分✕5回) で英語面接合格への近道コースを受講しよう!

 

Tea (ティー) 品川

Tell me about yourself” 攻略法です!

https://youtu.be/zEBvNySuZSg

カウンセリング&無料体験レッスン受付中!

電話でのお問い合わせは

03-6812-1252

月曜日~金曜日:10:00am-9:00pm  土・日曜日:10:00am–9:00pm

WEBからのお問い合わせは

資料請求
お問い合わせ

24時間受付

Page top