池袋の英会話スクール・英会話教室ならワイズアカデミー【池袋駅徒歩7分・東池袋駅徒歩4分】

ブログ

「何をしたか」ではなくて「何を学んだか」

2022年10月08日

本日は、レッスン中に沢山の質問を頂きましたが、そのうちの一つです。

英語面接の各質問に返答の際、「エピソードや具体的な例を付け加えると、面接官がよりイメージし易いですよ」とお伝えし、模擬質問に返答のプラクティスをしました。

練習中に、下記の様な質問を頂きました。

Q: エピソードを説明する際に、一番大事なことは何でしょうか?

私がお伝えした答えは、”そのエピソードで「何をしたか」の説明ではなくて、その出来事から「何を学んだか」について、より注力しながら説明すると良いです”、でした。

 

「何をしたか」についての説明は、殆どが下記の様に、他のCandidatesとあまり変わりがなく、個人の特性・特徴をアピール出来なくなってしまうんです。

“Since that project was the first of its kind for the company, I communicated closely with each department to ensure the success of the project.”

(そのプロジェクトは、会社としても初めての試みだったので、私は各部署と綿密にコミュニケーションを取り、プロジェクトを成功させました。)

 

でも、「何を学んだか」についてを付け加えると、他人との違いをアピールできるんです。

例えば、下記はほんの一例です。

“I learned from that project that listening and understanding others is more important than communicating what I want to say.”

(私は、そのプロジェクトから、相手の話をよく聞く事、理解する事が、私が言いたい事を伝える事より大事なことを学びました。)

 

面接官は、「常に向上心を持って仕事に取り組める人」を採用したいと思ってます。

些細な事でも大丈夫!エピソードには「何を学んだか」を付け加えてみましょう!

 

「絶対に失敗したくない英語面接」のために!

面接を受ける前に、

90分で英語面接合格への近道コース、

4.5時間(1日集中 / 3回分割)英語面接合格コース、または

7.5時間 (90分✕5回) で英語面接合格への近道コースを受講しよう!

 

 

Tea (ティー) 品川

“Tell me about yourself” 攻略法です!

 

カウンセリング&無料体験レッスン受付中!

電話でのお問い合わせは

03-6812-1252

月曜日~金曜日:10:00am-9:00pm  土・日曜日:10:00am–9:00pm

WEBからのお問い合わせは

資料請求
お問い合わせ

24時間受付

Page top