池袋の英会話スクール・英会話教室ならワイズアカデミー【池袋駅徒歩7分・東池袋駅徒歩4分】

ブログ

「状況説明」ではなく「あなたの考え」

2022年10月07日

今日のレッスンで頂いた質問のうちの1つです。

模擬質問に返答中、本人が何を答えているのか、途中から分からなくなってしまった、とのことです。

下記の様な質問を頂きました。

Q: 返答で伝えたい事を、どうすればもっと簡単に伝えられられますか?

私の答えは、”返答を「状況説明」から伝え始めるのではなく、「一番伝えたいあなたの考え」から最初に話してみると、話す内容がシンプルになり、面接官も自分も分かり易くなります”でした。

英語面接での返答で、一番大切なことはロジカルに話す事なんです。

通常、「状況などの説明」から話を始めることが多いと思いますが、その場合、結局話のポイントを 忘れたり、ポイント自体が無い事が多いです。

英語面接中に、同じように自分の返答を伝えようとすると、話のポイントを忘れてしまうので、返答内容の行き先が不明になってしまうんです。

 

例えば、下記はQ: “What is your work style?” に「状況説明」から返答を伝え始める場合です。

“Because of my position, I am often given many tasks, sometimes three or four. During the busy season, the number doubles. It is important to distribute tasks to my colleagues, but…”

(私は、役職がら沢山のタスクを任されることが多く、時には3~4つのタスクを任されます。繁忙期はその数は倍になります。同僚に仕事を振り分ける事も大事ですが…)

 

でも、「一番伝えたいあなたの考え」から返答を伝え始めると、下記の様になります。

“My work style is to prioritize tasks. First priority is urgency. Second priority is the timing of the deadline. Third is the team member’s schedule. The reason for this is…”

(私のワークスタイルは、タスクに優先順位をつける事です。第一優先は緊急性です。第二優先は締め切りのタイミングです。三つめはチームメンバーのスケジュールです。その理由は…)

面接官は、最初の15~20秒で、質問に対する「一番伝えたいあなたの考え」を知ることが出来るので、もしこの後の内容が分かり難くても、「あなたの考え」は理解されます!

 

「絶対に失敗したくない英語面接」のために!

面接を受ける前に、

90分で英語面接合格への近道コース、

4.5時間(1日集中 / 3回分割)英語面接合格コース、または

7.5時間 (90分✕5回) で英語面接合格への近道コースを受講しよう!

 

 

Tea (ティー) 品川

“Tell me about yourself” 攻略法です!

 

 

カウンセリング&無料体験レッスン受付中!

電話でのお問い合わせは

03-6812-1252

月曜日~金曜日:10:00am-9:00pm  土・日曜日:10:00am–9:00pm

WEBからのお問い合わせは

資料請求
お問い合わせ

24時間受付

Page top