池袋の英会話スクール・英会話教室ならワイズアカデミー【池袋駅徒歩7分・東池袋駅徒歩4分】

ブログ

英語面接対策と合格への準備

2021年04月25日

「年功序列」より「実力」で評価されたい人へ!

外資系の英語面接に合格しよう!

多数の合格者を出す “プロの英語面接講師” から【英語面接合格】に絶対必要な

『面接対策のポイント』

『面接NGのポイント』

『合格のコツ・合格のテクニック』をゲット!

(日本語の面接にも、かなり役立つと好評!)

こんにちは!

Tea (ティー) 品川です!

今回の英語面接での質問は、

“Who was your best boss and who was the worst?” です!

この質問の対策と攻略法(ベストな答え方・NGな答え方)についてシェアします!

この質問は「最高の上司と最悪の上司は?」という意味になりますね。

「理想の上司像とは?」 ”How would you describe your ideal boss?”

「好きな上司とその理由は?」 ”Who was your favorite boss and why?”

などと同じカテゴリーの質問になります。

質問の形が変わっても、カテゴリーが同じ場合、

同じような返答内容になります!

答えにくい質問ですよね!

でも、ここで重要な事は、

ネガティブ評価の上司の下で働いていた経験があったとしても、

上司についての回答をポジティブに保つことです。

個人的な批判は避けて、意見を述べましょう!

まずは、【面接官が本当に知りたいこと】です!

この質問の際、面接官は少なくても2点については知りたいはずです。

最初に、あなたが「どの様なタイプ」の社員なのかを見極めようとしています。

次に、あなたが「どの様な上司」の下で、

効果的にスキルを発揮できるのかを知ろうとしています。

では、【 “Who was your best boss and who was the worst?” の答え方】についてです!

① たとえ最悪な上司 (the worst boss) がいたとしても、そのことを率直に言わない事は鉄則ですよ!

(”経営上の課題” に直面しながらも、いかにして生産的・効率的に働けたかを中心に返答)

② 志望するポジションに必要な自分のスキルを返答に含める事が大事です!

(例えば、顧客開拓のスキルが必要な仕事で、上司 (the best boss) から貴重なアプローチ方法を教わった, など)

次に、英語面接対策のポイントで他の候補者に差をつけましょう!

① 「the best boss」を説明の際、その上司のスキルを強調するようにしましょう!

(「性格」より、上司がそのスキル(志望ポジションに関連する)を教えてくれた、など)

② 「the worst boss」を説明の際、絶対に「ポジティブ」なトーンを保ちましょう!

(例えば、その上司のおかげで自分自身の何かに気づくことができた、など)

最後に、気を付けたい面接NGポイントを押さえておきましょう!

① 個人的な話の内容にしない

(当時の環境など、自分との相性が良くなかった点などを説明するようにしましょう)

② ネガティブな表現は控える

(面接官が前職の上司を知っている場合もあるし、志望する会社を退社の際に、あなたの「言動」が予測としてイメージされちゃいますよ!)

1秒でも早く、年収アップ・スキルアップ・モチベーションアップするためには、

英語面接に合格しよう!

「絶対に失敗したくない英語面接」のために!

面接を受ける前に、

90分で英語面接合格への近道コース、

4.5時間(1日集中 / 3回分割)英語面接合格コース、または

7.5時間 (90分✕5回) で英語面接合格への近道コースを受講しよう!

(日本語での面接にも、かなり役立つと大好評です!)

カウンセリング&無料体験レッスン受付中!

電話でのお問い合わせは

03-6812-1252

月曜日~金曜日:10:00am-9:00pm  土・日曜日:10:00am–9:00pm

WEBからのお問い合わせは

資料請求
お問い合わせ

24時間受付

Page top